HOME > Focus > Focus 2021年1-2月

Focus

オーダーメイド包装機のハナガタ

2021年 4月号

オーダーメイドを支える体制

 ハナガタは、包装機メーカーとして唯一 「設計」「部品加工」「塗装」「組立」「電気制御」「販売」「アフターサービス」といった全ての工程を自社内で完結できる“一貫生産体制”を整えております。
 なぜ“一貫生産体制”を整えることができたのか。それは、弊社創業まで遡ります。
 製造に関する知識や経験は、昭和23年 包装機械製造に関わる前身である 精密板金加工業を生業としていた時から脈々と伝承しており、現在では、「鋳物」と「メッキ」以外の全てを加工可能とした製造部門を揃え、「製造業のデパート」と表現できる位、幅広い技術を保持しております。Focus 2020年3月号では、弊社の製造工程にフォーカスし、設備や作業工程、包装機が完成するまでを詳しくご紹介させていただいておりますので、是非ご覧ください
 また、包装に関する知識や経験は、昭和39年 シュリンクトンネルの販売から始まり、フィルム包装機の基礎技術を培い、昭和56年にはL型自動包装機 HP-10を世に送り出して以来、50年以上にわたり多くのお客様のニーズを形にすることで、蓄積し今日まで進んでまいりました。
 この2つの技術・知識・経験が噛み合うことで、「手動」「半自動」「自動」といった包装機械の一般的なカテゴリの枠に囚われない「独創的な」フィルム包装機を、お客様のニーズに応える為にプラスチックフィルムの歴史と共に新しい技術を開発し続け、これからも他では提案ができない世界で1台だけの包装機械を生み出し続けてまいります。

お客様のニーズから誕生した包装機械

 今回は弊社が今まで開発してきた包装機械の中から "市場からの要望" や "世相" を反映させた、オーダーメイド包装機の実績の中からいくつか事例を紹介させていただきます。

【 トップフリーシュリンク包装機 HP-I-100 】

実機

包装イメージ

お弁当の容器と蓋の境目を覆うことで、「異物混入」や「抜き取り防止」を目的として開発致しました。全面ではなく、境目だけを覆うことで“環境への配慮”と“ランニングコストの削減”を実現致しました。このパッケージは、縦収縮PETシュリンクフィルムという新しい特性のフィルムに着目し、新しいカテゴリのパッケージマシンをアレンジしました。コンパクト性とイージーオペレーションを目指し、あえてセミオート機を世に送り出しました。


【 フレックス包装機 HG-7FA 】

実機

包装イメージ

敷きマットや反物といったロール状に巻かれて、長さのある製品をコンベアに置くだけ個包装致します。 「製品保護」はもちろん、シュリンクトンネルと組み合わせることで「製品形状維持」もお手伝い致します。
それだけでなく、自動段取り替え機能も搭載しており、製品検知時に登録しているデータを参照し、最適な段取り替えを自動で行う為、径違い製品のランダム包装が可能となりました。誰が操作しても同じ仕上がりとなるフルオート包装機です。


【 白菜専用包装機 HS-T42 】

実機

包装イメージ

昨今 核家族化が進み スーパーに陳列されている白菜やキャベツといった葉物野菜は1個ではなく、1/2カットや1/4カットされて販売されるのが主流です。毎日たくさん並べられている野菜ですが、現在でも1点ずつ人手で包まれているところも多くございます。ですが、昨今の世相から「人員の確保が難しい」「作業場を作業員で3密にはできない」といった中、生産性を向上させたいといったお客様のニーズにお応えすべく開発した 日本初の白菜専用自動包装機です。もちろん 1/2、1/4、1/6カットにも対応した汎用性を備えております。


【 バキューム式 マルチパック 】

実機イメージ

包装イメージ

弊社の包装機械を導入する目的として、約3割を占める理由が「集積・結束をしたい」というご要望から提案をさせていただいております。そのうちの大半はシュリンク包装を活用いただいておりますが、設置スペースや熱をかけたくないといった問題でシュリンクができない場合でも「集積・結束包装」を実現できるようにバキュームを使用した真空状にする全く新しいコンセプトの自動包装機を開発致しました。仕組みや詳細は、【 Focus 2021年2月号 】をご覧ください。


【 巻きスリーブ包装機 HS-R051 】

実機

包装イメージ

「もっと使いやすく」「もっとランニングコストを安く」「もっとコンパクトに」といった皆様の声から【シンプルだから良い包装機械】を開発しました! 暖簾型スリーブ包装とは異なり、シングルフィルム1本仕様でコストを削減し、熱刃を使用したシール&カットを行わない為、シールミスが発生しない上、消費電力が削減され省エネに貢献。しかも、イージーメンテナンスで使いやすく致しました。仕組みや詳細は、【 Focus 2020年1月号 】をご覧ください。




【 シュリンクトンネル 】

実機

包装イメージ

単体でも包装機とセットでも活躍するシュリンクトンネルです。機長・炉長はもちろん製品に最適なスペックでオーダーメイド対応致します。現在では、省エネ対応機能も標準装備し、環境に配慮した包装機として進化しております。シュリンクラベルやプレフォームラベルにも対応できる世界で1台だけのシュリンクトンネルをご提案致します。

包装機械周辺アプリケーションも充実

 ハナガタといえば「包装機械」「シュリンクトンネル」と皆様に覚えていただき、社員としても鼻が高いところです。ですが、弊社はお客様のご要望次第では上記以外の機械の製作致します。例えば、包装ラインに接続する「供給装置」「排出装置」や製品を集積する為の「集積装置」など 包装機械の周辺機器もオーダーメイド対応しております。「働き方改革」「人手不足」「3密回避」といった世相に応じたニーズを「カタチ」にして参ります。

世界に1台だけの包装機械をハナガタが全国・全世界へお届けします




menuへ移動

SDGsへの取り組み

2021年 3月号

SDGsとは・・・

新しいパッケージスタイル

SDGsとは、「持続可能な開発目標(Sustainable Development Goals)」の略称です。2015年9月、国連サミットにおいて17のゴール・169のターゲットから構成された「持続可能な開発のための2030アジェンダ」が採択されました。このアジェンダは、2016年から2030年までに、社会的な問題解決を進めるとともに、持続可能でよりよい世界を実現するための国際目標です。株式会社ハナガタは、社会から信頼される企業であり続けるために、SDGsの目標達成に向けて貢献してまいります。

ハナガタのモノづくり精神から観た「SDGs」

 ハナガタでは創業以来「お家芸」ともいえる板金技術を核としたモノづくりを柱として皆様と共に成長してまいりました。
 板金技術を駆使してより軽量・シンプルな包装機械を日本国内のみならず、世界中でご愛顧いただいております。
 高耐久且つ重厚長大な設備が重んじられた業界に一石を投じた「ハナガタのモノづくりスピリッツ」は昨今のSDGsにのっとったものであり、今後も推進してまいります。

包装機械を通した省力化・省エネ

SDGs省力化・省エネ 弊社がご提案する包装機械やシュリンクトンネルは、幅広い業種で導入いただいており、様々なニーズを実現してまいりました。これからも製品を包むことで安心安全な作業環境造りに努め、利用中の運転状況に合わせた自動制御を導入することで省エネルギーに貢献し、人の健康や環境に配慮した製品をご提供致します。

省力化や省エネに関するFocus特集ページは下記リンクからご覧いただけます。

2020年1月号へ

スリーブ包装を通してハナガタがご提案する省資源への取り組みをご紹介

手作業の包装が難しい大型製品を自動で包装する導入実例をご紹介

ハナガタパッケージを実際に体感いただける 本社展示スペースのご紹介

ハナガタ包装機を使用することで可能となる省エネ対策のご紹介

ハナガタが考案した省エネ・省資源化を図る新たな新包装形態をご紹介

機能性フィルムのご提案

SDGs省力化・省エネ 製品を包む「包装」は製品の一部と表現できるほど、欠かせないものとなっております。弊社が提供する包装機械では、製品を包む為に「フィルム」が必要不可欠ではございますが、現代社会において社会情勢・環境問題の観点から使用量を最小限に抑えたパッケージを常に意識してご提案しております。一口に「フィルム」といっても様々な製品がございます。「防錆」「UVカット」「隠蔽性」といったものから海洋問題など環境問題から誕生した「バイオマス」「生分解」、人々の健康などに配慮して「抗菌」といった機能性フィルムをいち早く取り入れ、全ての皆様にご提案できるように努めてまいります。

機能性フィルムに関するFocus特集ページは下記リンクからご覧いただけます。

2020年7月号へ

日々進歩している包装機と機能性フィルムを実例と共にご紹介

事業所の節電や製造時のエネルギーの削減

SDGs省力化・省エネ 包装設備を製造するにあたり、弊社では設計はもちろん板金や溶接、切削、塗装に至るまですべて自社で行っております。レーザーで金属板からパーツを切り抜く際も無駄なくカットするのはもちろん、塗装工程では「溶剤塗料」ではなく「粉体塗装」を取り入れることで、VOC(揮発性有機化鉱物)やCO2の削減にも貢献しております。
また、現在工場内の照明を順次 LEDへの変更を進めており、エネルギー資源の節約にも努めております。
弊社製造部門に関するFocus特集ページは下記リンクからご覧いただけます。

2020年3月号へ

ハナガタが行う自社の製造現場で取り組む省エネや効率化をご紹介

健康企業への取り組み

SDGs省力化・省エネ 弊社では社員・社員の家族の生活・健康を守る為、「健康経営」に取り組んでおります。血圧計や体重計を設置することで健康への意識を高めたり、受動喫煙防止策に取り組み喫煙者の減少したりなど「健康経営」の環境を作ってまいりました。おかげさまで、2020年に「健康経営優良法人」として認定をいただくまでになりました。当社の取り組みが、全国で認められたことに喜ぶだけでなく、これからも 社員の健康を考えた「健康経営」に取り組んでまいります。

健康企業への取り組みに関するFocus特集ページは下記リンクからご覧いただけます。

健康企業への取り組み

ハナガタが取り組む健康経営と活動をご紹介

ハナガタのこれから

 弊社ではSDGsが採択される以前から、社会情勢や環境問題といった様々な情報からニーズを先取りし、皆様に素早く提供してまいりました。この度その努力が認められ、経済産業省が選定する「地域未来牽引企業」にも選定いただきまいた。

新しいパッケージスタイル


包装機械の販売開始した40年ほど前と比べれると包装機械の種類やフィルムの種類も増えたことにより提案できる幅も広がり、その中から、ノウハウや経験から一人一人に最適なご提案を続けてきた結果だと考えております。
これからも日々努力を忘れず皆様に包装分野から皆様のお力になれるよう努めてまいります。

( 記:営業部 奥野 )

包装を通じて、世界の産業の発展を下支えし、同時に豊かな社会づくりに貢献致します。




menuへ移動