HOME > Focus > Focus 2021年1-2月

Focus

ハナガタの新提案!バキューム式 マルチパッカー

2021年 2月号

【 シュリンクトンネルを使わない集積・結束包装のご提案です! 】

 2020年度は、新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止の為、イベントの自粛やご来社・ご訪問の自粛・制限等、皆様に新たな包装機械のご提案、皆様からのご要望をいただく機会が少ない年度となりました。しかしながら、お客様・販売店様といった皆様からのお力添えもあり、おかげさまでパッケージについてのご相談をこれまで以上に多くいただいております。
 さて、今回ご提案する集積・結束包装<マルチパック>は、弊社包装機納入実績の約30%を占めております。そのうちの大半はシュリンク包装を活用いただいておりますが、設置スペースや熱をかけたくないといった問題でシュリンクができない場合、集積・結束包装を諦めなければいけない ということではありません! 皆様のご要望を叶える為に今回新しく開発した「バキューム式 マルチパッカー」をご提案致します。

シュリンク包装による集積・結束包装(マルチパック)とは・・・

 集積・結束包装は 汚れ・水濡れから「製品保護」、透明なプラスチックフィルムを使用することで「製品の可視化」といった用途と、段ボールからプラスチックフィルムに代わることで「ゴミの減少 = トータルコスト減少」といった導入メリットがございます。今では、生活様式の変化に伴い「マルチパック」といった形態が多く普及するようになり、欠かせない包装形態となっております。
 皆様に活用いただいている「シュリンク包装」の流れを図にまとめるとこうなります。

① フィルム繰り出し時に、小さい針で穴を開けます。

② 製品全体をフィルムで袋詰めします。この時点では、ラフな状態です。

③ シュリンクトンネル内で加熱することで、フィルム内の空気が膨張しフィルムが膨らみ、更に加熱するとフィルムが縮む為、①で開けた針穴から空気が抜けていきます。

④ 製品にフィルムが接触するまで縮み、「シュリンク包装」の完成です。


しかし、実績のあるシュリンク包装にもウィークポイントが存在します。

① 加熱が必要な為、シュリンクトンネルといった熱源が必須です。

② フィルム内部の空気を針穴より外へ抜くプロセスが必要の為、仕上がったフィルムには、小さいながらも針穴が残ります。

新提案! バキューム式 マルチパックとは・・・

 フィルムを熱収縮するのではなく、内部の空気をバキュームした後にシールして包装する方法です。包装する流れは以下のようになります。

① フィルム内部に製品を入れ、開口部を残しシールを行います。

② 開口部からエアーノズルを差し込み、袋内のエアーを脱気し、シールを行います。

機械の進化


③ バキューム式包装では、製品形状にフィルムを馴染ませるまで吸引することにより、「容器に入った 内部製品の固定」はもちろん 容器がない場合でも集積・結束が実現できます。その為、シュリンク包装では難しかった 内部製品同士 の「干渉防止」などにも緩衝材を使用せず、確実な製品保護を可能にしました。


シュリンク包装とバキューム式包装との包装形態の違いを比較してみます。

機械の進化


 「シュリンク包装」では、フィルムの収縮能力を利用しています。その為フィルムが縮む際に製品と接触すると接触した地点から縮まなくなり、外枠を覆うような形の包装になります。製品次第では、結束にならない場合もございます。
 「バキューム式マルチパック包装」では、フィルムにかかる大気圧を利用しています。袋内の空気を抜くことで、大気圧に押されたフィルムが製品をなぞるような形で包装する為、シュリンク包装と比較すると製品同士の「干渉防止」にも繋がります。

その他にも、バキューム式包装のメリットがあります。

① 加熱せずに包装できます。CO2削減につながり、環境に配慮したパッケージです。また、シュリンクトンネル等の加熱設備が不要になり、省スペースです。

② シュリンクの針穴が残りません。バリアフィルムを使用することで、品質の維持に貢献します。

③ コンベア搬送+ロールフィルムを使用することで人手の介在を低減します。また、インライン・オフラインいずれのラインでも均一な生産性を実現します。

バキューム式マルチパッカー ご提案モデル概要

 シュリンクトンネルが必要ない為、包装機のみと省スペースを実現しつつ、しっかりとしたバキューム式包装を行います。

機械の進化

ハナガタでは 地球環境保全の為、CO2削減の取組を進めております。これからも皆様のニーズや社会情勢を先取りし、新たなパッケージ包装システムをご提案してまいります。包装を通じて、世界の産業の発展を下支えし、同時に豊かな社会づくりに貢献致します。




menuへ移動

移動を伴わない情報提供!
リモートを活用したサービスをご紹介

2021年 1月 新春号

機械の進化



 2020年は 「新型コロナウイルス感染症」の感染予防対策で様々な規制やオリンピックや展示会といったイベントの延期・中止、新たな生活様式への移行など、目まぐるしく“日常”が変化してまいりました。新たな年を迎えてなお感染症が猛威を振るっており、以前の“日常”とは程遠い日々が続いておりますが、弊社としても「新たな製品・企画・サービス」を模索し、皆様の事業に少しでも貢献できればと考えております。
 「包装機械」といった設備になると、実機を使用したデモの実施や弊社工場での実機確認をご希望いただきますが、時節がら遠出・こちらからのご訪問が難しい方も多いかと存じます。そこで皆様のご要望に応えるべくリモートでの実機デモ商談・工場での実機確認サービスをご案内しております。今回弊社が提供するリモート対応についてご紹介致します。

人が移動する理由

皆様が公共交通機関や車等で移動するのはどういう時でしょうか。
例えば、我々が仕事で移動する場合は、下記の理由が考えられます。
  会社へ通勤する為
  取引先に訪問する為
  2-1. 営業的訪問(商談・実機デモ・展示会商談会 等)
  2-2. 技術的訪問(機械の納入・納入機械のメンテナンス 等)

更にお客様が弊社へご来社いただく為に移動する場合は、下記の理由が挙げられます。
  実機にて包装サンプルの作成・打合せの為
  ご発注いただいた機械の完成検査の為

弊社富山本社までご来社いただくにも遠隔地で、出張が難しいという方も多くいらっしゃると思います。 今回は、上記に記載のある【 2-1、③、④ 】をリモートでの実績や利点などをお伝えいたします。

リモートによるサービス拡充

リモート商談・立会セットを準備し、営業スタッフが商談や打合せ、立会等をさせていただきます。
会議システムはメインにZOOMを使用しておりますが、ご指定がある場合事前にご相談ください。

リモートイメージ

【 リモート商談・立会設備 】

  ○移動式 Webカメラ
  画質を考慮し、有線のものを使用。
  ○スピーカー&マイク
  エコーやノイズへの対応や音声を判別する機能を搭載。
  営業・技術者含めて立会に適した設備を使用。
  ○スタンドライト
  全体を明るくし、より見やすい環境を整備。



今までは現地で確認できない=動画・写真 といった“後日”確認の上、気になる点や見たい所がすぐ見れないなどの不安や不満がありました。ですが、リモートでは機械に触れる以外のほとんどのことが実現可能です。実例は以下のものが挙げられます。

飛行機や新幹線といった公共交通機関の利用や社用車・自家用車を利用することで、移動時間がかかったり、時間制限がかかっていました。

リモートを活用することで、オフィスや自宅など様々な場所から参加可能になり、移動時間や時間制限がなくなります。また、移動しない分 商談や別の作業が可能となる為、「作業の効率化」が図れます。

ご来社いただいた際は、実機の動作から細かい部分までご自身のタイミングでご確認いただけますが、立ちっぱなし・しゃがみ込み・覗き込みなどといった辛い姿勢が長時間続きます。

機械の全体やポイント等 ご指示いただくことで画面に映します。机に座ったまま確認いただけるので、メモや議事録を作成しながらご参加いただけます。

動画や写真を撮影され、後日検討するも画像が不鮮明等で重要な部分が撮れていないことや、思わぬ指摘事項が発生したりといった理由で、再撮影や再確認を繰り返し、確認作業が進まないという声もございます。

参加者全員がリアルタイムで同じ映像を確認いただき、撮影している箇所の説明や質問事項にもその場で回答させていただくことで、共通の認識をお持ちいただきやすくなります。

実績と窓口のご案内

様々な理由から全ての商談や立会をリモートでは行っておりませんが、少しずつリモートを取り入れてのお話が増加しております。リモートでの商談となるとお互いに机に座っているイメージですが、弊社の場合ですと営業員よりも機械などを映す機会が多くなります。

リモートイメージ


 現在は、人の移動が規制された状況化でのビジネス促進ツールとして活用しておりますが、将来的にはビジネスでの人の移動自体が少なくなり、「リモート」での商談・立会がメインになってくると弊社は考えております。少しずつリモート環境を整えてまいりますので、お気軽に担当の営業スタッフ もしくは、対応エリアの営業所までお申し付けください。御社ネットワーク次第では弊社もリモート準備が必要な場合がございますので、ご希望の際はお早めにご相談ください。

もちろん各ショールームでの展示機見学や実演も行っております。いかなる環境下でも皆様のお役に立てる体制を整えておりますので、是非お声がけください。皆様からのご連絡をお待ちしております。



menuへ移動