HOME > Focus > Focus 2019年11-12月

Focus

シュリンク包装の開封についてのご案内

2019年 12月号

シュリンク包装

現代においてシュリンク包装は、皆様の身近な製品に使用され、『製品改ざん防止』『異物混入防止』『未開封保証』など様々な用途で活用されています。ですが、しっかり製品を包んでいるために『開封しにくい』というデメリットもあります。

ご提案

弊社独自の『静電シール包装』と『開封ラベル』を組み合わせることで、シュリンク包装の利点をそのままに、誰でも簡単に開封できる包装へと進化いたします!

赤の点線で囲われている部分は、静電シール部分です。

静電シール部に被さるように開封ラベルと貼り付けます。

開封ラベルを剥がすと、フィルムも一緒に剥がれてくることで、容易に開封ができます。

開封シールのサイズやデザインなどは、いか様にもアレンジができます!
ご質問やご相談がございましたら、弊社までお気軽にお問い合せください。




menuへ移動